HD-GEAR ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 高さ調節可能 数量限定アウトレット最安価格 Sサイズ ローズウッド 滑り止め付属 幅305mm 2086円 [HD-GEAR] ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 滑り止め付属 高さ調節可能 (Sサイズ 幅305mm, ローズウッド) パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ キーボードマウスアクセサリ HD-GEAR ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 高さ調節可能 数量限定アウトレット最安価格 Sサイズ ローズウッド 滑り止め付属 幅305mm パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , キーボードマウスアクセサリ,高さ調節可能,ローズウッド),[HD-GEAR],/leitmotiv1380094.html,(Sサイズ,木製,滑り止め付属,リストレスト,幅305mm,,キーボード用,ウッドパームレスト,2086円,seitai-collection.com 2086円 [HD-GEAR] ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 滑り止め付属 高さ調節可能 (Sサイズ 幅305mm, ローズウッド) パソコン・周辺機器 PCアクセサリ・サプライ キーボードマウスアクセサリ パソコン・周辺機器 , PCアクセサリ・サプライ , キーボードマウスアクセサリ,高さ調節可能,ローズウッド),[HD-GEAR],/leitmotiv1380094.html,(Sサイズ,木製,滑り止め付属,リストレスト,幅305mm,,キーボード用,ウッドパームレスト,2086円,seitai-collection.com

HD-GEAR お買い得 ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 高さ調節可能 数量限定アウトレット最安価格 Sサイズ ローズウッド 滑り止め付属 幅305mm

[HD-GEAR] ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 滑り止め付属 高さ調節可能 (Sサイズ 幅305mm, ローズウッド)

2086円

[HD-GEAR] ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 滑り止め付属 高さ調節可能 (Sサイズ 幅305mm, ローズウッド)


商品の説明

ウッドパームレスト

ウッドパームレストの使用イメージ

高品質の天然無垢木材を使用した木製パームレストです。

人間工学に基づいた独自のアーチ設計で手首にやさしくフィット。長時間のパソコン作業をサポートし、タイピング中の手首への負担や疲労を軽減し腱鞘炎を予防します。

付属の高低2種類の滑り止めシリコンゴムパッドを貼ることでお好みの高さに調節可能です。サイズはSサイズ305mmとMサイズ360mmの2種類からお選びいただけます。

天然木材の優しい肌ざわりと、使い込むほどに馴染んで風合いの増す高級感。また美しい木目と色合いは、無機質になりがちなデスクトップ周りを上質にドレスアップしてくれます。

PFU HHKB、東プレ REALFORCE、FILCO、ロジクール、ダイヤテック、Razer、ARCHISS、Macbook Air Pro等に対応します。

※キーボードは商品に含まれません

木製 リストレスト

ウッドパームレスト

  • 本製品は天然木材を加工しているため、色合いや木目の入り方に個体差がございます。あらかじめご了承をお願いします。
  • 長期間ご使用になられ汚れが付着したり変色した場合は、極細目のサンドペーパーや木材用の保護オイルや蜜蝋クリームなどでお手入れいただくと、美しい経年変化を実感していただけます。

[HD-GEAR] ウッドパームレスト 木製 リストレスト キーボード用 滑り止め付属 高さ調節可能 (Sサイズ 幅305mm, ローズウッド)

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook